はじめての 甲状腺疾患専門病院

甲状腺疾患専門病院へ

私は原宿で生まれて原宿で死ぬのかな…
とかなり大袈裟な事を考えながらフラフラと病院へ。

だるさが半端ないため3時ちょっと前に到着。

病院に入って受付の方に、
『甲状腺の専門病院ですので他の病気は診られません』
と言われてちょっと不安に。
(私の前に受付したお姉さんは普通の病院と間違えていたらしく帰っていった…)
首の下が腫れているので多分甲状腺です…と言って受付を済ませ、
診察室の前の待合所で1時間弱待ちました。

首の下の方が腫れていてネットで検索したら甲状腺と出たので
病院を調べて来ましたと先生に言うと、
『ああ…気づいてよかったねぇ、首の腫れ大きいねぇ…』
と言われ、その場では病名は何も言われず
(カルテにびまん性の腫れと書かれてるのがチラッと見えた)

血液検査とエコーをして下さいと言われて検査室へ。
血液検査はちくっとするだけで問題なく終了
(伊藤病院の技師さんはみんな上手です!)

エコーの途中お姉さんがハッとした顔をして
途中退席したのが凄く怖かった…
私が怯えてるのに気づいて大丈夫ですよーって
言ってくれたんだけどめっちゃ怖かった。

本当は癌だったらどうしようと不安になり、
その後結果が出るまで1週間震えながら過ごしました。

今から考えると大げさでバカみたいだけど本当に怖くてコソコソ泣いた
大河見てる最中も涙出てきたりしてた…猫が心配してくれてうれしかった。

ちなみに最初の診察の時にかかったお金は約7000円。

そして一週間後橋本病と甲状腺機能低下症と診断され、
橋本病のパンフレットを見ながら簡単に病気の説明を聞きました。
昆布がダメっていうのは検索して出てきたからわかっていたけど、
茎わかめはどうなのかが気になって
先生に茎わかめは…と4回位聞き
ちょっと面倒くさそうな顔をされました。

わかめとめかぶの含有量は検索して出てくるけど
茎わかめは出てこなかったんですよね。
お恥ずかしい話し、最近まで知らなかったんですけど
めかぶってわかめの根元だったんですね…別の海藻なのかと思ってました…。

薬はチラーヂン75μg(50μg+25μg)。
(その後→87.5㎍になり2022年現在は100㎍)

初診時の検査結果()内は基準値

TgAb 640.1  (≦40)
TSH  173.00 (0.20~4.50)
FT3  1.3   (2.2~4.3)
FT4  0.24   (0.80~1.60)

薬を飲んで一ヵ月後

TSH  5.14   (0.20~4.50)
FT3  3.5   (2.2~4.3)
FT4  1.43   (0.80~1.60)

TgAbは最初の一回と2021年の年末頃にも一度検査受けました。
TSHは一ヶ月で168も減ったみたい、
お薬がちょうどいい量だったんだね。

◆薬を飲んで1ヶ月で変わった事◆

だるさとかはまだ残っていたけど
気持ちがとても明るくなった。
精神的なものは3日位で変わったので
私が単純すぎるのもあるかもしれないけど。

10年ちょっとこのよくわからないだるさと付き合っていたので、
その原因がわかったから気持ちが大分スッキリしたのもあるのかもしれない。

投稿者: askrocblg

セツ・モードセミナー卒業 橋本病で体調不良の為フリーで細々働いていましたが、 4年前からは都内の会社で細々働いています。 デザインとお絵描きとお笑いが好き。 さらばの森田とかサンシャイン池崎と同い年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。